猫ちぐらに猫まっしぐら

小学校のころ、子猫を拾って学校へ持っていき、飼ってくれる人をなんとか見つけた

ちょっと優しいところもある(照)瀬海歩です。 こんにちは。

 

今日は、猫を飼っている、または猫好きな方が、

猫の家にこだわりたくなる伝統民芸品をご紹介します。

猫ちぐら(つぐら)というものをご存じですか?

 

猫ちぐら(ねこちぐら)、猫つぐら(ねこつぐら)とは、藁を編んで作った猫用のペットハウスの一種。

新潟県関川村、および秋山郷(同県津南町と長野県栄村)周辺の伝統民芸品である。

関川村では「猫ちぐら」と呼び、秋山郷では「猫つぐら」と呼ぶ人が多い。

Wikipediaより

 

この藁で編んだ猫の家が、今、すごいブームになっているそうです。

こちらの猫つぐら本舗さんでは、1年7か月の納期だそうです。すごい人気です。

http://nekotsugura.t-signs.biz/

 

 

こちらは、東京の五月書房が関川村、猫ちぐらの会、村民の協力で作られた書籍だそうです。

猫ちぐら(つぐら)は藁を編んで作ってありますので、冬は暖かく、夏は涼しいとのこと。

詳しく知りたい方は以下をクリックしてください。

http://www.nekochigura.com/  

 

猫ちゃんと楽しい休日を!

瀬海歩

サービス紹介に戻る

楽しい休日レポート