デジタル顕微鏡カメラ


 

小学生のころ、自由研究が大嫌いだった瀬海歩です。

こんにちは。

自由研究といえば夏休み、冬休みでしたよね。

友人と夏休みがはじまったらすぐ3日ぐらいで宿題をすませてあとは遊びまくった覚えがあります。

でも、学校がはじまったときに、テストがあり、夏休みのはじめに宿題をすませていたことで、

テストのときにもう一度勉強するはめになりました。

結局毎日続けることが大事なんですね。

伯父がなぜか顕微鏡をもっており、自由研究で「気孔の蒸散とその条件」というタイトルで

何かの賞をとりました。すごく印象深かったです。

 

今は一番上の写真のように、デジタル顕微鏡カメラというものがあります。

ミクロの世界を写真に撮って、模造紙に写真をはりつければ、立派な自由研究の出来上がりです。

 

お子様をお持ちの方は、おもちゃを買ってあげるのをぐっとこらえて、

このデジタル顕微鏡カメラをプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

 

お子様と一緒に自由研究を楽しめますよ。

楽しい休日になりそうですね。

瀬海歩 

サービス紹介に戻る

楽しい休日レポート